新型コロナウイルス対策利用ルール

富田林市立総合福祉会館 利用制限などについて

【イエローステージ2の対応方針に基づく大阪府からの要請】(抜粋)

  • 重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患のある方等)は不要不急の外出を控えること
  • 静かに飲食
  • マスクの徹底(飲食の際も会話時はマスクを着用)
  • 3密で唾液が飛び交う環境を避けること

【会館の利用について】

 〇唾液が飛び交う危険があり、感染リスクが高くなる為、当面の間、館内での食事(おやつも含む)は禁止とさせていただきます
  ※水分補給は除く

 〇『不要不急の外出』を避けるため、会館の利用はできるだけお控えください。
  利用される場合は短時間での利用をお願いします。
  (例:終日の貸館利用を半日での利用に変更するなど)
 
 〇利用される際は『常時換気』または『1時間に1回10分の換気』を徹底してください。講座室等のドアはなるべく開けて活動してください。

 〇囲碁や将棋、麻雀など、道具を共有されるクラブは、必ずビニール手袋などを着用して行ってください。
  自分自身や周りの方の健康を守るための配慮をお願いします。

 〇以下の活動については、飛沫による感染リスクが高くなる為、当面の間、禁止とさせていただきます。

  • 大きな声を出す活動、歌う活動
    (例:合唱、コーラス、カラオケ、詩吟、民謡など)
  • 吹奏楽器を使用する活動
    (例:管楽器、ハーモニカ、オカリナの演奏など)

  
 

【各部屋の利用について】

 〇カラオケルーム⇒11月26日より、当面の間利用不可
 〇和室(金剛・葛城、生駒)
   ⇒12月1日より利用再開としていましたが、『当面の間使用不可』と
させていただきます。

※国や大阪府、富田林市の判断、方針に伴い、予告なしに変更させていただく場合があります


新型コロナ対策ルール


非接触型体温モニターについて

総合福祉会館1階、2階入口に、非接触型体温モニターを設置しています。来館時に会館入口でモニターの前に立ち検温してから入館してください。発熱を検知した場合は警告音が鳴ります。その際はご利用をご遠慮ください。
検温後、必ず利用カードに必要事項を記入してください。