いっぷく(一福)システム事業

 公的なサービスで対応できない生活援助などちょっとした困りごとを、ワンコイン(500円)で気軽に頼める仕組みとして、住民参加型の「いっぷく(一福)システム事業」を本会独自で立ち上げました。  そこで、皆さんのちょっとしたお困りごと、例えば、「散歩したいけど、腰を痛めてしまって一人では不安で・・・」、「育児が大変で買い物もなかなかいけない・・・」、「電球が切れているけど、自分では交換できない・・・」等、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、協力会員(ボランティア)が、ワンコイン(500円)でサポートさせていただきます。

サービスを受けることができる人(利用会員)

○概ね65歳以上の人
○心身に障がいのある人
○12歳未満の子どもがいるひとり親家庭
○産前産後の家庭
○その他必要と判断された場合

援助内容

○電球の交換
○短時間の見守り(エアコンなどの室内温度管理)
○診察券代行・通院時の医師の説明聞き取り同席
○市内の病院に入院・入所時の買い物代行
○散歩の付き添い
○粗大ゴミや家電などを所定の位置に移動
○産前産後(沐浴などの手伝い)
○その他軽易な日常生活の援助

※身体介護を伴う支援はサービス対象外とします。
※協力会員自らが運転する自動車での移動支援は対象外とします。

利用料金

500円/30分

※利用は30分単位です。
※1時間サービスを受けた場合は、利用料金は1,000円となります。
※最長でも1時間以内の援助となります。
※交通費が発生する場合は、利用会員が負担して下さい。

利用時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後5時

利用の流れ

  1. 担当職員が利用者宅を訪問し、援助利用の説明・援助内容を確認します。
  2. 利用会員証の発行を行います。
  3. 担当職員による調整。援助のできる協力会員をお探しします。
  4. 協力会員・担当職員が利用者宅を訪問。顔合わせを行い、援助内容等の確認後、次回から援助開始します。
  5. 援助終了後、直接協力会員へ利用料をお支払下さい

利用希望・お問い合わせ

社会福祉協議会(25-8200)までご連絡下さい。