富田林市子ども食堂運営に係る食材の提供に関する協定の調印式

平成30年1月より、毎月1回「あすかてくるで」羽曳野店にて、提供された農産物を社会福祉協議会で預かり、翌日、富田林市総合福祉会館にて、子ども食堂を運営する団体へ供給する取り組みを進めてきました。

この度、JA大阪南が羽曳野市と河内長野市の道の駅の農産物直売所「あすかてくるで」の出荷協力会に呼びかけて頂き、富田林市で子ども食堂を運営する団体に食材をご提供いただくにあたり、「とんだばやし子ども食堂・居場所づくり運営支援ネットワーク」を代表して、富田林市社会福祉協議会と協定を締結しました。新鮮で、旬の野菜や農産物を頂けることは、非常にありがたい取り組みで、食堂運営団体のスタッフからも、また、こども食堂へ来ていている子ども達からも喜びの声を頂いております。

左から出荷協力会中島副会長・富田林市社会福祉協議会端山会長・大阪南農業協同組合中谷代表理事組合長・出荷協力会塚本会長